7月 もぐぱく通信

レシピ1 夏野菜のカレースープ

かぼちゃに含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変わります。ビタミンAには皮膚や粘膜を健康に保つ効果があり、ウイルスや細菌の体内への侵入を防ぐ働きが期待できます。βカロテンは特に皮の部分に多く含まれるので、皮ごと調理するのがおすすめです。 材料 大人2人・子ども2人分 かぼちゃ100gなす75gオクラ50gウインナー75gサラダ油適宜カレー粉0.75g(小さじ1/2弱)だし汁600gしょうゆ7.5g(小さじ1強)塩1g 1-かぼちゃは8mm厚さのいちょう切り、なすは8㎜厚さの輪切り、オクラは一口大の乱切り、ウインナーは斜め切りにします。 2-鍋にサラダ油を熱し①を炒めます。 3-全体に油が馴染んだらカレー粉を加え、焦がさないように炒めます。 4-だしを加え野菜がやわらかくなるまで加熱します。 5-しょうゆ、塩で調味します。 時短ポイント・かぼちゃは電子レンジで加熱すると切りやすくなり、煮る時間の短縮になります。1/4カット程度の大きさ・・軽くラップをし600w1〜2分 アレンジ・食欲がない時は冷たいスープにしてもおすすめです。・じゃがいもやトマト、きのこ、コーンなど野菜のアレンジから豆乳でクリーミーアレンジなど色々お試しください。

ページトップへ

7月号へ戻る copyright (c) 2021 株式会社Nプラニング All Rights Reserved.